【ビジネスインタビュー】

企業のインタビュー取材を得意としております。

独自サービスを世に広めたい成長企業をターゲットにした執筆を中心にしています。

掲載先別に時系列で執筆した記事を更新するタイムラインです。

中小企業の経営革新に寄り添う基幹系システムを |一般社団法人システムコラボ・マネジメント 田中 宏和 氏へインタビュー | Hamamatsu Startup News

浜松の製造業を縁の下で支えてきた、中小企業群。近年、その事業所や従業者の数が減少を続けています。中小企業の再興のためには、全社的な経営革新が必要ですが、組織を円滑に変えていくためには、相当の戦略と努力が必要です。 そんな中、中小企業の業務改善に取り組む法人があります。それが、一般社団法人システムコラボ・マネジメント(本社:浜松市中区)。基幹系システムの構築・導入を通じ、経営陣から従業員までPDCAを回せる組織体を実現しています。業務の役割分担もあいまいなことが多い中小企業で、なぜ、そのような組織作りが可能なのでしょうか。田中理事長にお話を伺いました。 資料)中小企業の現状‐浜松市 浜松市 はままつ産業イノベーション構想 田中 宏和 氏|プロフィール 1983年東京工業大学大学院経営工学専攻修了。1983年三菱化成工業株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)入社、システムエンジニアとして5年間勤務。1988年三井銀行(現:三井住友銀行)入行、人事制度のコンサルティングに従事する。1992年東京工業大学にて経営工学の分野を修め、工学博士を取得。1997年神奈川工科大学情報工学科へ赴任し、経営情報の教鞭を執る。2008年には静岡大学情報学部に転籍。PBL(project-based learning、課題解決型学習)をベースとした、ゼロからプログラミングを習得できるプログラムを展開。2012年4月、一般社団法人システムコラボ・マネジメント(通称、シスコラ)を設立、理事長に就任。 基幹系システムの構築を通じて、ともに経営課題と向き合う 菅原:静岡大学発のベンチャーである貴社では、どのような事業を展開しているのですか? 田中:従業員数が20~50名の中小企業さまを対象とした、経営コンサルティングおよび基幹系システムの構築です。 菅原:その規模の中小企業へ、ソリューションを提供している理由はなんでしょうか? 田中:中小企業のIT対応をサポートし、浜松の産業集積地としての機能を保持していくことです。中小企業の中でも、産業のベースを支えているのは、多品種小ロット生産に対応している小規模な事業所です。近年、そうした企業への、基幹系システムの導入が遅れていることが課題となっています。 菅原:基幹系システムの導入は、中小企業のどのような課題を解消するために必要なのでしょうか?

Hamamatsu Startup News