菅原岬

記事一覧(7)

7月に収穫する健康米!?合鴨農法を続ける京丸園さんにお話を聞きました。

収穫前のたわわに実った稲穂と言えば、秋にきらめく黄金色の風景が思い浮かびます。ですが、浜松には、7月に稲刈りが始まる田んぼがあるのです。通常の2ヶ月以上も早い収穫。そんな稲作を行うのは、水耕栽培で有名な 京丸園株式会社(本社:浜松市南区)の取締役 鈴木 啓之さんです。なぜ、そのような早い時期にお米の収穫をするのでしょうか?そこには、家族や農業に対する深い想いがありました。鈴木さんの娘さんである露木里江子さんとご一緒に、お話を聞かせていただきました。鈴木 啓之 さん|プロフィール水耕栽培を行う農業生産法人、京丸園株式会社(2004年に長男の厚志さんが代表取締役として法人化)の取締役。400年近く続く農家(現:京丸園)に生まれ育ち、1955年より生産に携わっている。『姫みつば』『姫ちんげん』などのオリジナル商品を生産、全国40市場に周年で出荷する。1997年から障がい者雇用をはじめ、ユニバーサル農園として多くの障がい者を雇用している。現在は"土耕部"にて米、海老芋、根菜類の栽培を担当している。露木 里江子 さん|プロフィール鈴木さんの娘さん。静岡大学農学部卒業。卒業後、環境アセスメントの関連企業へ就職する。結婚を機に退職し、4児の母となる。2011年、末っ子の成長を機に小学生対象の学習塾「はてなくらぶ」を自宅にて開講。子ども会やPTAの役員も通じて、地域の子供たちの成長を見守ってきた。2018年4月にaiearth.を設立。魚の養殖と水耕栽培を掛けあわせた農法システム「aiearth式アクアポニックス」を提供する。社名は、末っ子の「愛」さんの名前から。▼合わせて読みたい